東京マラソン2021のエントリーはどうなる?2020は一般ランナーが中止

イベント

毎年3月に開催される「東京マラソン」ですが、2020年は新型コロナウイルスが原因で一般ランナーの参加が中止になりました。
(東京オリンピックの出場選手の選考会を兼ねているので、招待選手は走ることができます)

参加する予定だった人にとっては残念ですが、気になるのは来年の2021年の大会についてです。

そこで、東京マラソン2021のエントリーについて紹介します。



スポンサードリンク

東京マラソン2021のエントリーはどうなる?

東京マラソン2020に参加予定だった一般ランナーは、
今回参加できませんので、特例措置として来年の参加資格が与えられるそうです。

今年走る予定だった人は、来年に走る権利があるので、1年延期という形になりますね。

ただ問題なのが、ずっと東京マラソンに参加したかったけど、今年抽選に外れて走れなかった人。

この東京マラソンは、かなり参加希望者が多く、毎年抽選になります。
ずっと参加したいけど抽選で外れている人も多いんですよね。

で、来年の東京マラソン2021ですが、今年走る予定だった人の参加がほぼ決まっています。
ということは、来年のエントリーについては、ほぼ絶望的になるかもしれません。

今年参加予定だった人の大半は、来年もエントリーするでしょうから、
現時点で来年の一般ランナーの参加者がほぼ決まっているようなもの。

もちろん、今年の参加者全員が来年も参加するとは限らないので、
辞退者が出ると思いますが、おそらく少数でしょう。

ということで、東京マラソン2021の一般ランナーのエントリーはかなりの激戦になりそうです。



スポンサードリンク

まとめ

東京マラソンに参加したい人は、来年の超激戦区にかけるか、
再来年にエントリーしたほうがいいかもしれませんね。



スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました