ハナタカで紹介!鶏のむね肉を柔らかくする調理方法!

テレビ

2020/9/3放送の「日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」では、
究極のブロッコリーと鶏胸肉」のお店の人が、
鶏むね肉を柔らかくする方法などについて紹介していました。

鶏の胸肉はうまく調理しないとパサパサになってしまうので、
柔らかくする方法は参考になりますね。

鶏の胸肉のメリット・デメリット

鶏の胸肉は、皮を取ると糖質がほぼ0で、タンパク質の含有量も多いため、
糖質制限を考えるとほぼ完璧な食材です。

ただ、鶏むね肉だけだとビタミンとミネラルが不足してしまいます。
それを補ってくれる食材が「ブロッコリー」です。

鶏むね肉とブロッコリーをだいたい2:1の割合で食べるのが究極の低糖質になります。

筋トレをしている人が鶏の胸肉とブロッコリーを食べているのはこういう理由だったんですね。

鶏の胸肉を柔らかくする方法

鶏のむね肉は、家庭で調理するとパサパサになりがちです。

この“究極の調理法”で調理すると、鶏の胸肉もふわふわでジューシーになります。

柔らかくするポイントは、
すりおろした玉ねぎを鶏肉に揉み込む
という点。

玉ねぎには、たんぱく質を分解する酵素が含まれています。
そのため、鶏肉の細かい繊維を断ち、柔らかくしっとりとさせてくれます。

玉ねぎのすりおろしを揉み込んだ後、30分ほど置いておくと鶏肉が柔らかくなります。
また、玉ねぎそのものに甘みがあるので、そのまま調理することもできますよ。

まとめ

玉ねぎをすりおろすという手間はかかりますが、
これなら簡単に鶏肉を柔らかくできますね。

タイトルとURLをコピーしました