今でしょ講座のハチミツの感染症対策まとめ!血糖値や骨粗しょう症にも

テレビ

2020年3月10日放送の「林修の今でしょ講座」では、「はちみつ」が特集されていました。

蜂蜜は、多くの栄養素が含まれているスーパーフードで、
・ウイルスや細菌を撃退
・動脈硬化を予防
・骨粗しょう症予防
といった効果が期待できます。

番組で紹介されていた「はちみつ」についてまとめました。



スポンサードリンク

蜂蜜の感染症対策

はちみつは、抗菌作用が期待できる食べ物です。

大腸菌、サルモネラ菌、ブドウ球菌などの細菌や、
インフルエンザウイルス、ノロウイルス、最近話題の新型コロナウイルスなどのウイルスが、
体内に入ると攻撃し、食中毒を予防します。

長崎大学の研究では、はちみつの成分がインフルエンザウイルスの増殖を抑えたという報告もあります。
また、はちみつのフラボノイドが、ウイルスの遺伝子を破壊するとも説明されていました。



スポンサードリンク

予防のための蜂蜜の摂取量は?

予防のために摂取すべき蜂蜜の量は、
1日30g(大さじ1杯)
が目安です。

蜂蜜は糖質が多いため、多く摂取するのは控えましょう。

また、生後1年未満の乳児が食べると、乳児ボツリヌス症を発症する危険があるのでやめたほうがいいでしょう。

ハチミツの種類の選び方

蜂蜜といっても種類がいくつかあります。

アカシア:最もポピュラー蜂蜜でクセがないのが特徴
みかん:柑橘系の香りとほのかな酸味があります
そば:黒砂糖のような濃い味で、鉄分が豊富です
マヌカ:ニュージーランドに生息するマヌカの花からとられたもので、抗菌作用が強いのが特徴

用途や味に合わせて選ぶといいでしょう。



スポンサードリンク

抗菌にはマヌカハニーがおすすめ

最近いろんなところで話題になっている「マヌカハニー」ですが、
抗菌作用が高いのが特徴です。

その抗菌作用は普通の蜂蜜の8倍もあります。

マヌカハニーには、胃がんの原因となっているピロリ菌を除去する作用がある「メリルグリオキサール」を含んでいて、これはインフルエンザにも効果が期待できます。

マヌカハニーは成分の濃度が高いほど値段も高くなるのですが、
ウイルス撃退が目的ならMGO価が低い物でも効果は期待できます。

鉄分不足なら蕎麦ハチミツ

蕎麦ハチミツは、ミネラルとルチンが豊富で、ウイルス撃退力も高くなっています。

鉄分が豊富なのが特徴で、マヌカハニーよりも手軽にとれる蜂蜜です。



スポンサードリンク

蜂蜜で血糖値を下げる

蜂蜜に含まれている「フラボノイド」が血管を広げ、血流を改善してくれます。
また、蜂蜜は熱に強いので、熱しても冷やしても問題ありません。

蜂蜜は、砂糖に比べて甘さが約3倍あるのに、カロリーは約25%も低くなっています。

おすすめの食べ方として、コーヒーに入れる方法があります。

コーヒーに含まれるクロロゲン酸が、血中の悪玉コレステロールを減らしてくれます。

はちみつ食べるタイミングは、いつでもOKですが、
朝に食べると、エネルギーになり元気が出る効果があり、
血管が気になる人は夜に食べるのがおすすめです。

ハチミツで骨粗しょう症予防に

蜂蜜に含まれている「フラボノイド」は、骨代謝のバランスを整えてくれます。

食べ方のおすすめとしては、
・はちみつ×ヨーグルト(カルシウムが多く摂取できます)
・はちみつ×ナッツ(オメガ3、ビタミンEが摂取できます)
・肉じゃが(じゃがいもにはマグネシウムが豊富に含まれています)
があります。

ハチミツは、温度を気にする必要がなく、
300度くらいまではOKなので、煮物の砂糖の代わりに使う方法もおすすめです。



スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました