Theポテトチップス 匠のうすしお味を食べた感想レビュー

食べ物

以前、「Theかっぱえびせん」というものを食べたのを書きましたが、
それと同時に購入したのが
Theポテトチップス 匠のうすしお味
です。

かっぱえびせんと同じコンセントで販売されたものですね。

食べてみたので味の感想など書いてみます。



スポンサードリンク

Theポテトチップス 匠のうすしお味ってどんなポテチ?

こちらもTheかっぱえびせんと同じで、カルビーの70周年を記念して作った商品です。
パッケージが地域によって違うというのも同じですね。

「Theポテトチップス 匠のうすしお味」は、通常より厳しい品質基準で、原料面・製造面でもこだわっています。

原料となるジャガイモは、さらに厳選し、各生産工場が目指す品質に合った産地・品種・品質ランクのジャガイモのみを使用しています。

また、揚げ上がり後の色基準を通常より厳しくし、黄金色の美しいポテトチップスになっています。

パッケージは、クラフト包材を使用していて、バイオマスインキを使用しています。



スポンサードリンク

味の感想レビュー

まずはパッケージです。

紙のパッケージですね。
これもTheかっぱえびせんと同じです。

岐阜県の工場で、女満別の「トヨシロ」というジャガイモを使っていると書いてあります。

中身はこんな感じです。

見た目はあんまり変わりませんが、色の基準を厳しくしているだけあって、
どのポテトチップスも色の差はあまりありませんね。

普通のポテチだと、もっと色が茶色いのもあるんですけど、そういうのはないですね。

では食べてみます。

うん、美味しいですね。

味の差はそんなに違いはないですが、安定して美味しいです。
何枚か食べてみましたが、味のばらつきはないですね。

全体的なクオリティを上げている感じです。

ただ、それほど特段の違いはないですね。
ポテトチップスの全体の平均値が上がってる感じです。

確か100円ぐらいで売ってたんですけど、
値段差はあまりないのに、わりと美味しい印象ですね。

(まあ、普通のポテチはドラッグストアとかじゃ68円とかで売ってるけど・・・)

ちょっと上質なポテチって感じです。

Theかっぱえびせんでも思ったのですが、
この紙パッケージは今後続けていくんでしょうか。

このポテチは美味しいからまた買おうかな。



スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました